ストク・モカのミドステ―midrange station―

ミッドレンジスマホ・台湾の情報局

台湾版Xperia 10 Plusの価格(2019年8月)

台湾で2019年3月8日に発売されたXperia 10 Plus。

台湾での発売時の価格はNT$11990でした。

発売から5か月が経過し、価格はどのくらい下落しているのでしょうか。

Sony Mobile TaiwanのWebサイトの画像)

f:id:midrangestation:20190809165811j:image

Xperia 10 Plus- Sony 官方網站 - Sony Mobile (台灣)

2019年8月9日現在、比較サイト「SOGI手機王」での価格はNT$9000前後まで下落しました。
f:id:midrangestation:20190809165627j:image

また、比較サイト「SOGI手機王」には「Xperia 2」と「Xperia 20」の保護ケースの画像にまつわるニュースが取り上げられています。

この記事によると、9月6日から開催されるIFA 2019で、Xperia 1とXperia 10の後継機が発表されるとの事。

Sony Xperia 2與20保護殼圖片疑洩 錄影功能傳進化- SOGI手機王

Xperiaの新機種「Xperia 2」と「Xperia 20」のデザインは前モデルを継承していて、本体右側の側面に電源ボタンと指紋認証センサーが一体となって配置されるようです。

(ストク・モカ

LINE Pay「マイカラー」制度アップグレード(2019年8月)

LINE Pay「マイカラー」制度が2019年8月1日午前10時から変更になりました。

カラー判定基準にまた「送金人数」が加えられました。

ちょうど1年前の2018年8月1日にもカラー判定基準に「送金人数」を加えた事がありましたが、2018年11月には「送金人数」を外して、基準を緩和した経緯があります。

その時の記事はこちら↓

LINE Payカード「マイカラー」プログラムの新しい判定基準(2018年11月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

今回の「マイカラー」制度の変更点は、

①利用登録するだけでホワイトバッジ付与。(ポイント付与率0.5%)
②最低ポイント付与率を見直し、各バッジカラーのポイント付与率を変更。(グリーン 2%、ブルー 1%、レッド 0.8%、ホワイト 0.5%)
③カラー判定基準を相対的評価⇒絶対評価に変更。
《グリーン》決済金額 : 10万円/月+送金:月間5人以上のユーザーへ送金。
《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月+送金:月間3人以上のユーザーへ送金。
《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月+送金:月間1人以上のユーザーへ送金。
《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月。

④カラー判定期間を前月末までの1か月分の実績を集計・判定。毎月1日午前10時更新に変更。(毎月1日午前0時〜9時59分に行われた決済には、前月のバッジカラーのポイント付与率が適用)
⑤ポイント付与対象となる決済金額の上限を100万円/月に引き上げ。
f:id:midrangestation:20190801111907j:image

今回の変更により、「LINE Pay」ユーザーなら誰でも決済時に0.5%付与される一方、月に10万円の利用実績があっても「送金人数」が0人ならマイカラーは「ホワイト」になってしまう厳しい基準が復活した事になります。

また、送金は1人に何回も送っても1人としてカウントされます。

筆者は昨年の「マイカラー」制度変更時に、筆者のもう1つのアカウントに送金する事でマイカラーを「ホワイト」から「レッド」に回復させた事があります。

その時のお話はこちら↓

(※2018年10月カラー判定基準が緩和※)ホワイトに転落したLINE Payカードのマイカラーをレッドまで回復させてみた。(2018年9月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

なお、期間限定(2018年8月1日~2019年7月31日の1年間)で、ポイント付与決済金額100万円の上限内で、QR/バーコード支払いを利用した場合には、「マイカラー」で決まったポイント付与率に3%上乗せされます。

(ストク・モカ

幻のXperia XA3 Ultraのガラスフィルム(2019年7月)

3月の台北訪問中、Sony Store直營店に展示されていたXperia 10 Plusは予約受付中の状態で購入する事はできませんでした。

その時のお話はこちら↓

光華商場でZenFone Max Pro(M2)を買いました。(2019年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

そのXperia 10 Plusの台湾での発売が帰国日と重なった悲劇から約4か月…。

実は出発前にXperia XA3 Ultra名義のガラスフィルムをAmazonで購入し、そのままスーツケースの中で眠っているのを最近になって思い出しました。

せっかくなので開封してみましょう。
f:id:midrangestation:20190724055202j:image

左の黒い袋にアルコールパッド、クリーニングクロス、ホコリ取りシールが入っているようです。

f:id:midrangestation:20190724060505j:image

ガラスフィルムを1枚取り出し、Xperia 10 Plusに重ねてみると…
f:id:midrangestation:20190724060722j:image

カメラの位置の丸い穴もぴったり合っていますし、問題なく貼れそうです。

ちなみに今はXperia 10 Plusの商品名でAmazonで販売されています。

(ストク・モカ

高雄でXperia 10 Plus(I4293)を買いました。(2019年7月)

台北Xperia 10 Plusを買いそびれたお話はこちら↓

光華商場でZenFone Max Pro(M2)を買いました。(2019年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

当初、漢神巨蛋購物廣場にあるSony Store高雄直營店でXperia 10 Plusを購入しようと思っていたのですが、旅程の都合上、漢神巨蛋購物廣場には行けなくなったので、高雄市内のあるキャリアショップで購入しました。
f:id:midrangestation:20190707122620j:image

まず比較サイト「SOGI手機王」でFacebookページを持っているお店を見つけ、Facebook Messengerで自分は日本人旅行者で、Xperia 10 Plusを買いたい旨を英語で伝えました。

するとあるお店から英語で「もちろん買えます。価格はNT$10500です。」との回答を頂いたので、そちらのお店まで出向き、Xperia 10 Plusを購入しました。
f:id:midrangestation:20190707123523j:image

色は海軍藍(ネイビー)にしました。

付属品はユーザーマニュアル、ACアダプタ、USBケーブル、イヤホン。
f:id:midrangestation:20190707123952j:image

本体上部。

イヤホンジャックとデュアルカメラ。
f:id:midrangestation:20190707124629j:image

本体底部。

Type-Cの両脇にデュアルスピーカー。
f:id:midrangestation:20190707124828j:image
ハイブリッドデュアルSIM。

(青:SIM1カードスロット、赤:SIM2カードスロット、緑:micro SDカードスロット)
f:id:midrangestation:20190707125236j:image

分割画面。

表示するアプリのサムネイルをロングタッチすると画面上部に表示されます。

(画面上部はソニーモバイル台灣のWebサイト。画面下部はSony XperiaYoutube動画)

f:id:midrangestation:20190707125712j:image
21:9でモカタン編集長を撮影。
f:id:midrangestation:20190707130722j:image
ポートレートセルフィーでモカタン編集長を撮影。
f:id:midrangestation:20190707130939j:image
なお、7月8日現在、Xperia 10 Plusの台北市での価格はNT$9000前後です。
f:id:midrangestation:20190708071546j:image

(ストク・モカ

丹丹漢堡七賢店に行ってみた。(2019年7月)

台湾南部に展開しているハンバーガーチェーン「丹丹漢堡」七賢店に行ってみました。
f:id:midrangestation:20190706105859j:image

場所は前金區七賢二路224號。

MRT市議會站から徒歩6分ほどの所にあります。

雨の中沢山の人が並んでいました。
f:id:midrangestation:20190706110553j:image

「丹丹漢堡」七賢店には懐かしい感じのホームページがあります。
f:id:midrangestation:20190706112400j:image

丹丹漢堡

メニューを表記したページがありますので、注文する時に利用すると便利です。
f:id:midrangestation:20190706111246j:image
http://home.so-net.net.tw/ywc580510/order.htmlhttp://home.so-net.net.tw/ywc580510/order.html

麺線や粥とのセットがありますが、無難に烤醤雞堡と雞塊のセットにしました。

飲み物は冰紅茶牛奶。

追加で咖哩豬排堡1個を注文しました。
f:id:midrangestation:20190706112923j:image

外帶の場合、レシートの下3桁の番号が表示されたら取りに行きます。
f:id:midrangestation:20190706112719j:image

ハンバーガー2個とフライドチキン、ミルクティーで価格はNT$137。
f:id:midrangestation:20190706113227j:image

味もボリュームも大満足です。

(ストク・モカ

高雄の薇肯商旅(WeCan Hotel)に宿泊しました。(2019年7月)

今回の高雄訪問では新興區明星街にある薇肯商旅(WeCan Hotel)というホテルに宿泊しました。

f:id:midrangestation:20190704065223j:image

高雄国際空港からタクシーで約20分で着きました。

MRTを利用する際の最寄り駅は美麗島站です。

向かいにエビ釣り場があります。
f:id:midrangestation:20190704073816j:image

正面入口
f:id:midrangestation:20190704073956j:image

フロント

f:id:midrangestation:20190704073452j:image

スタンダードダブルルームに宿泊しました。

1泊NT$1100 LINE Payカードで支払いました。
f:id:midrangestation:20190704074540j:image
外出時にカードキーを壁の挿し込み口から抜くと電気が落ちます(エコノミークラスのホテルによくあるタイプ)。
f:id:midrangestation:20190704075013j:image

トイレとシャワールーム。

シャワーは待ってもあんまり熱いお湯は出なかったです。
f:id:midrangestation:20190704075516j:image

コンセントは机にもベッドにもあります。
f:id:midrangestation:20190704075815j:image

クローゼットを開けるとセーフティボックスあり。
f:id:midrangestation:20190704075939j:image

冷蔵庫はわりと大きめ。

宿泊分のミネラルウォーターあり。
f:id:midrangestation:20190704081504j:image

コインランドリーは裏口を出た所に1台あります。

NT$10硬貨を5枚入れてガシャンと押すと使えるタイプ(乾燥機も同様)。

裏口のドアは深夜クローズするので、朝6時ぐらいまで使えませんでした。
f:id:midrangestation:20190704081921j:image

朝食は朝6時にオープンします。

場所は地下1階。地下1階へはエレベーターでは直接降りられないので、1階から階段で降ります。
f:id:midrangestation:20190704081955j:image

饅頭(蒸しパン)?
f:id:midrangestation:20190704094703j:image

お粥。他にサラダもあって日本人の口に合う朝食でした。
f:id:midrangestation:20190704095034j:image

ホテル内のWi-Fiはかなり弱いので、空港でSIMを買う事をお勧めします。

高雄国際空港国際線ターミナル1Fに中華電信と台湾大哥大のカウンターがあります。

(ストク・モカ

高雄の郵局から発送した便利箱が本当に便利だった。(2019年7月)

「手荷物7kgだけど、パイナップルケーキは買いたい!」という欲求にどう折り合いをつけるか思案した所、郵送するのがベストだという結論になり、今回の高雄訪問で初めて台湾の郵局のお世話になりました。

パイナップルケーキを買ったお店はこちら

呷百二自由旗艦店

左營區自由二路342-1號

營業時間:9:00~21:30

f:id:midrangestation:20190702103709j:image

鳳梨酥6入 NT$180(冬瓜入り)
f:id:midrangestation:20190702103853j:image

金鑽鳳梨酥6入 NT$270(台農17號パイナップル)
f:id:midrangestation:20190702105058j:image

もうひとつ紅藜金鑽鳳梨酥6入 NT$270も買いました(パッケージが金鑽鳳梨酥と見分けがつかないので写真は割愛)。


f:id:midrangestation:20190702105218j:image

LINE Payカードで支払いを済ませて、その足で郵局へGO!

EMSの伝票と「便利箱 EMS」というメモを見せたら、パイナップルケーキ3箱分ぴったりのbox2を出してくれました。
f:id:midrangestation:20190702105318j:image
f:id:midrangestation:20190702105552j:image

EMSの伝票は基本、漢字でOKです。

英語で書いたのは、國名Country(JAPAN)、Contents 内裝物品(Pineapple cake)だけです。
f:id:midrangestation:20190702110346j:image

郵局内で梱包作業をして、窓口へ出すとインボイスの紙をもらえます。

こちらは画像がないのですが、すべて英語で書きました。

宿泊先住所の英語表記はGoogle Mapを見ながら書きました。

高雄から札幌までEMSの料金はNT$530(荷物の重さは1,4kg)でした。
f:id:midrangestation:20190702110958j:image

水曜日の午前中に出した便利箱は土曜日の夜間に札幌の自宅に届きました。
LCCの手荷物7kgクリアに郵局の便利箱を利用して大正解でしたよ。

(ストク・モカ