ストク・モカのミドステ―midrange station―

ミッドレンジスマホ・台湾の情報局

ホワイトに転落したLINE Payカードのマイカラーをレッドまで回復させてみた。(2018年9月)

LINE Payカードは2018年6月からインセンティブプログラム「マイカラー」を開始しました。

筆者のマイカラーは6月、7月と「ブルー」だったものの、8月は「ホワイト」に転落してしまいました。

f:id:midrangestation:20180830082128p:image

理由は2018年8月1日からカラー判定基準が変わり「送金」を1人もしていなかったためです。

マイカラー制度アップグレードのお知らせ : LINE Pay 公式ブログf:id:midrangestation:20180830083425j:image

そこで2018年5月にLINEモバイルのデータ通信SIMを契約し、LINEアプリの新規登録をしたもう1つのアカウントでLINE Payを開始し、このアカウントに送金する事で、「月間1人以上のユーザーへ送金」の条件をクリアさせてみる事にしました。

前回のお話はこちら↓

LINEモバイルのデータ通信SIMでLINEに新規登録してみた。(2018年5月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

まずLINE Payカードを申し込み、利用開始手続きをします。
f:id:midrangestation:20180830090606j:image

f:id:midrangestation:20180830090618j:image

これは問題なくクリア。

しかし本人確認でトラブル発生。

f:id:midrangestation:20180830090750j:image

セキュリティ上の理由により、1つの銀行口座を複数のLINE Payアカウントに登録できない事が判明。

別の銀行口座を登録し、本人確認も完了。

f:id:midrangestation:20180830092800j:image

100円送金してみた。

f:id:midrangestation:20180830091952p:image

これは「10円ピンポン」ならぬ、「100円ボール突き」とでも言うのでしょうか?(中学時代は卓球部でした。)

f:id:midrangestation:20180830092339j:image

さて9月になりました。

イカラーを確認すると・・・

f:id:midrangestation:20180901103137p:image

「レッド」になっていました。

6、7月の「ブルー」まで回復するには「50000円以上のお支払い、3人以上に送金」とかなりハードルは高いですが、「レッド」なら毎月キープできそうです。

(ストク・モカ

台湾版Xperia XA2 Plusの価格(定点観測)(2018年8月)

ソニーモバイルは8月22日、台湾で発売されるXperia XA2 Plusの価格を発表しました。

台湾版Xperia XA2 Plus(6GB/64GB)の価格はNT$15990で、来週の発売を予定しています。

(※追記 8/30に発売されました。)

f:id:midrangestation:20180830150634p:image

前回のお話はこちら↓ 

台湾版Xperia XA2 Plus 8月末に発売(2018年7月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

比較サイト「SOGI手機王」の記事によると、台湾で発売されるXperia XA2 Plusのカラーはブラック、ゴールド、グリーンの3種類になるようです。

6吋Sony XA2 Plus台灣上市價格15990 首購有加碼禮- SOGI手機王

2018年2月に発売されたXperia XA2 Ultraの発売時の価格はNT$14990でした。

前回のお話はこちら↓

光華商場でXperia XA2 Ultra(H4233)を買いました。(2018年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

Xperia XA2 Plusは従来のミッドレンジXperiaにはなかったDSEE HXが搭載され、ハイレゾにも対応してサウンド技術が強化されています。

Sony Xperia XA2 Plus 價格,規格與評價- SOGI手機王

このフラッグシップ並みのサウンド機能の強化がXperia XA2 Ultraとの価格差NT$1000に表れていますね。

(ストク・モカ

 

 

台湾版Xperia XA2 Plus 8月末に発売(2018年7月)

ソニーモバイルは7月11日、6インチ18:9のFHD+ディスプレイを備えたXperia XA2 Plusを発表しました。

台湾では2018年8月末に発売されます。
比較サイト「SOGI手機王」の記事はこちら↓

超廣角自拍手機Sony XA2 Plus發表 6吋18:9螢幕規格- SOGI手機王

Xperia XA2 Plusのカラーはシルバー、ブラック、ゴールド、グリーンの4種類があり、台湾ではブラック、ゴールド、グリーンの3種類になるようです。
f:id:midrangestation:20180712124912j:image

 Xperia XA2 Plusの本体サイズは157×75×9.6mm、重量205g。

ちなみに筆者が2018年3月に光華商場で購入したXperia XA2 Ultraの本体サイズは163×80×9.5mm、重量221gです。

前回のお話はこちら↓

光華商場でXperia XA2 Ultra(H4233)を買いました。(2018年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

バッテリーはXperia XA2 Ultraと同じ3,580mAhを搭載していながら16g軽量化されていますね。
f:id:midrangestation:20180712130426j:image

またHigh-Resolution Audioに対応し、従来のミッドレンジXperiaにはなかったDSEE HXが搭載され、サウンド技術が強化されています。

前回の記事はこちら↓

Xperia XA2 Ultra×Q30 Plus Bluetoothイヤホン×Amazon Musicの組み合わせがよかった。(2018年6月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

価格についての情報は現在確認されていませんが、随時定点観測していく予定です。

(ストク・モカ

LINEモバイル音声通話SIMをdocomo回線からSoftBank回線に変更してみた。(2018年7月)

LINEモバイルdocomo回線契約者のSoftBank回線への変更受付が7月6日正午からスタートしました。

f:id:midrangestation:20180706152405p:image

キャンペーン期間中(7/6〜8/31)は回線変更手数料3,000円(税抜)が無料になります。

f:id:midrangestation:20180706153611p:image

回線変更方法はまず「マイページ」にログインし、「SoftBank回線に変更」を選択します。

f:id:midrangestation:20180706154022p:image

「手続きをする」を押下。

f:id:midrangestation:20180706154234p:image

「手続きを進める」を押下。

f:id:midrangestation:20180706154342p:image

SIMカードサイズを選択します。

f:id:midrangestation:20180706154446p:image

今回回線変更する端末はSIMフリーiPhoneなので、iPhone専用ナノSIM(小)、ナノSIM(小)どちらでもOKでした。

筆者はナノSIM(小)を選択しました。

f:id:midrangestation:20180706161534p:image

規約に同意の上、最終確認をするボタンを押下します。

f:id:midrangestation:20180706161817p:image

回線変更の受付が完了するとLINEに通知が届きます。

f:id:midrangestation:20180706162536p:image

メールにも回線変更受付のお知らせが届きます。

f:id:midrangestation:20180706162619p:image

2日後に佐川急便でSIMカードが届きました。

利用開始手続きは「マイページ」の「利用開始手続きをする」ボタンを押下。

f:id:midrangestation:20180708123814p:image

利用開始手続きが完了するとLINEに通知が届きます。

f:id:midrangestation:20180708130718p:image

メールにも回線変更完了のお知らせが届きます。

f:id:midrangestation:20180708130807p:image

SMSを受信したら完了です。

f:id:midrangestation:20180708125906p:image

スピードテストをしてみました。

SIMカード入れ替え前のdocomo回線。

f:id:midrangestation:20180708130223p:image

SIMカード入れ替え後のSoftBank回線。

f:id:midrangestation:20180708130303p:image

今のところSoftBank回線の方が速いですね。(ストク・モカ

Xperia XA2 Ultra×Q30 Plus Bluetoothイヤホン×Amazon Musicの組み合わせがよかった。(2018年6月)

2018年3月に光華商場で購入したXperia XA2 Ultraは、前々モデルXperia XA Ultraと比較し、ストレージが16GBから64GBに増えたため、快適度が大幅にアップしました(Xperia XA Ultraはアプリのアップデートの度に容量不足に悩まされました)。

前回のお話はこちら↓

光華商場でXperia XA2 Ultra(H4233)を買いました。(2018年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

ただ従来のミッドレンジのXperia同様にDSEE HXが搭載されていないので、CDを取り込んで音楽を聴く時にやや物足りなさを感じています。
f:id:midrangestation:20180622062213j:image

Xperia XZsはDSEE HXあり。
f:id:midrangestation:20180622062351j:image
そこで4月にAmazonプライム会員になったのを機に、BluetoothイヤホンでAmazon Musicを聴くというスタイルに変えてみました。

イヤホンは普段SoundPEATS Q12を使用していて、価格の割に音質がいいのでQ30 Plusを購入しました。
f:id:midrangestation:20180622183205j:image

外箱と収納バッグ
f:id:midrangestation:20180623111522j:image
f:id:midrangestation:20180623111542j:image

パッケージ内容は、Q30 Plus Bluetoothイヤホン×1、ユーザーガイド×1、ケーブル留めバックル×2、コードクリップ×2、交換用イヤーピース×10、交換用イヤーフック×6、USB充電ケーブル×1、カラビナ×1です。
f:id:midrangestation:20180623111556j:image

充電してペアリングします。

マルチボタンを5秒長押しします。
f:id:midrangestation:20180623112606j:image

Amazon Musicを聴いてみると「低音重視」モデルを謳っているイアホンだけに迫力、質感がたっぷり感じられます。https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ya?ac=bia&ref=yo_pop_mb_bia&reorder_params=B07CKH26R9,503-1205891-4695038

Amazon Music Unlimitedを始めるかどうかは現在悩み中です。

(ストク・モカ

AmazonのクーポンでZenFone5Qを買ってみた。(2018年6月)

Amazonの2778円OFFクーポンを利用してZenFone5Q(ZC600KL)のルージュレッドを購入しました。
f:id:midrangestation:20180525071911j:image

クーポン適用後の価格は39811円でした。

 ZenFone5Qは前面と背面に2つづつ、計4つのクアッドカメラを搭載した6インチミッドレンジスマホです。ZenFone 5Q (ZC600KL) | スマートフォン | ASUS 日本

早速箱を開けてみましょう。
f:id:midrangestation:20180525074421j:image
f:id:midrangestation:20180525074450j:image

ケーブルはType-Cではなく、microUSBなのです。

ZenEarとACアダプタ。
f:id:midrangestation:20180525084132j:image

6型ワイドIPS液晶。ウルトラスリムベゼルを採用することで、5.5インチ画面サイズのスマホと同等のコンパクトボディーを実現。

見やすい18:9の縦長画面。2160×1080フルHD+ディスプレイ。
f:id:midrangestation:20180525074509j:image

カラーはミッドナイトブラック、ルージュレッド、ムーンライトホワイトの3色。
f:id:midrangestation:20180525075048j:image
f:id:midrangestation:20180525090113j:image
前面には2000万画素のメインカメラと120度広角カメラ。
f:id:midrangestation:20180525075236j:image
背面には1600万画素のメインカメラと120度広角カメラ。

その下は指紋認証センサー。

またZenFone5Qは顔認証機能も搭載しているので、カメラに顔を向けるだけで、すぐにロックの解除が行えます。

顔認証を試してみましたが、明るい場所では問題なくそして素早くロック解除ができました。

夜、ベットのライトをつけたくらいの部屋の明るさでは光量が不足しているせいかうまく認証できませんでした。

顔認証と指紋認証を両方登録して使い分けるといいと思います。
f:id:midrangestation:20180525075319j:image
ZenFone5Qのトリプルスロットトレイは2枚のSIMカード(緑と赤の枠線)と、1枚のmicroSDカード(青い枠線)を同時に使用する事ができます。
f:id:midrangestation:20180525080556j:image
f:id:midrangestation:20180525081205j:image

4G LTE BandはB1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/41。

ちなみに、台湾の主なプリペイドSIMの対応バンドは中華電信がB3/7/8。台湾大哥大はB3/28。遠傳電信はB3/7/28/38/41ですので、桃園空港にあるSIM販売カウンターならすべてOKですね。

 (ストク・モカ

LINEモバイルのデータ通信SIMでLINEに新規登録してみた。(2018年5月)

LINEモバイルのLINEフリープラン カウントフリー1GB500円のデータ通信SIMを契約しました。

パンフレットとともに宅急便コンパクトでやってきました。
f:id:midrangestation:20180518173554j:image

マニュアルとSIMカード
f:id:midrangestation:20180518173705j:image
f:id:midrangestation:20180518173745j:image
まずはAPNの設定
f:id:midrangestation:20180518173800j:image

何の問題もなく、接続できたのでLINEアプリの新規登録にトライ。
f:id:midrangestation:20180518173850j:image
「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります。」はスルーして、名前の入力にいきましたよ!
f:id:midrangestation:20180518174007j:image
あとは通常の新規登録通りですね。
f:id:midrangestation:20180518174047j:image
f:id:midrangestation:20180518174523j:image
新規登録で迷ったところは、このデータSIMが2回線目。1回線目は音声通話SIM。同じメールアドレス入れようとしたらダメでした。
f:id:midrangestation:20180518175411j:image
新しいメールアドレス取得したらまたトライしたいと思います。

 

(※2018年5月19日追記)

別のメールアドレスで無事登録できました。

(ストク・モカ)