ストク・モカのミドステ―midrange station―

ミッドレンジスマホ・台湾の情報局

台湾版Xperia XA2 Plus 8月末に発売(2018年7月)

ソニーモバイルは7月11日、6インチ18:9のFHD+ディスプレイを備えたXperia XA2 Plusを発表しました。

台湾では2018年8月末に発売されます。
比較サイト「SOGI手機王」の記事はこちら↓

超廣角自拍手機Sony XA2 Plus發表 6吋18:9螢幕規格- SOGI手機王

Xperia XA2 Plusのカラーはシルバー、ブラック、ゴールド、グリーンの4種類があり、台湾ではブラック、ゴールド、グリーンの3種類になるようです。
f:id:midrangestation:20180712124912j:image

 Xperia XA2 Plusの本体サイズは157×75×9.6mm、重量205g。

ちなみに筆者が2018年3月に光華商場で購入したXperia XA2 Ultraの本体サイズは163×80×9.5mm、重量221gです。

前回のお話はこちら↓

光華商場でXperia XA2 Ultra(H4233)を買いました。(2018年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

バッテリーはXperia XA2 Ultraと同じ3,580mAhを搭載していながら16g軽量化されていますね。
f:id:midrangestation:20180712130426j:image

またHigh-Resolution Audioに対応し、従来のミッドレンジXperiaにはなかったDSEE HXが搭載され、サウンド技術が強化されています。

前回の記事はこちら↓

Xperia XA2 Ultra×Q30 Plus Bluetoothイヤホン×Amazon Musicの組み合わせがよかった。(2018年6月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

価格についての情報は現在確認されていませんが、随時定点観測していく予定です。

(ストク・モカ

LINEモバイル音声通話SIMをdocomo回線からSoftBank回線に変更してみた。(2018年7月)

LINEモバイルdocomo回線契約者のSoftBank回線への変更受付が7月6日正午からスタートしました。

f:id:midrangestation:20180706152405p:image

キャンペーン期間中(7/6〜8/31)は回線変更手数料3,000円(税抜)が無料になります。

f:id:midrangestation:20180706153611p:image

回線変更方法はまず「マイページ」にログインし、「SoftBank回線に変更」を選択します。

f:id:midrangestation:20180706154022p:image

「手続きをする」を押下。

f:id:midrangestation:20180706154234p:image

「手続きを進める」を押下。

f:id:midrangestation:20180706154342p:image

SIMカードサイズを選択します。

f:id:midrangestation:20180706154446p:image

今回回線変更する端末はSIMフリーiPhoneなので、iPhone専用ナノSIM(小)、ナノSIM(小)どちらでもOKでした。

筆者はナノSIM(小)を選択しました。

f:id:midrangestation:20180706161534p:image

規約に同意の上、最終確認をするボタンを押下します。

f:id:midrangestation:20180706161817p:image

回線変更の受付が完了するとLINEに通知が届きます。

f:id:midrangestation:20180706162536p:image

メールにも回線変更受付のお知らせが届きます。

f:id:midrangestation:20180706162619p:image

2日後に佐川急便でSIMカードが届きました。

利用開始手続きは「マイページ」の「利用開始手続きをする」ボタンを押下。

f:id:midrangestation:20180708123814p:image

利用開始手続きが完了するとLINEに通知が届きます。

f:id:midrangestation:20180708130718p:image

メールにも回線変更完了のお知らせが届きます。

f:id:midrangestation:20180708130807p:image

SMSを受信したら完了です。

f:id:midrangestation:20180708125906p:image

スピードテストをしてみました。

SIMカード入れ替え前のdocomo回線。

f:id:midrangestation:20180708130223p:image

SIMカード入れ替え後のSoftBank回線。

f:id:midrangestation:20180708130303p:image

今のところSoftBank回線の方が速いですね。(ストク・モカ

Xperia XA2 Ultra×Q30 Plus Bluetoothイヤホン×Amazon Musicの組み合わせがよかった。(2018年6月)

2018年3月に光華商場で購入したXperia XA2 Ultraは、前々モデルXperia XA Ultraと比較し、ストレージが16GBから64GBに増えたため、快適度が大幅にアップしました(Xperia XA Ultraはアプリのアップデートの度に容量不足に悩まされました)。

前回のお話はこちら↓

光華商場でXperia XA2 Ultra(H4233)を買いました。(2018年3月) - ストク・モカのミドステ―midrange station―

ただ従来のミッドレンジのXperia同様にDSEE HXが搭載されていないので、CDを取り込んで音楽を聴く時にやや物足りなさを感じています。
f:id:midrangestation:20180622062213j:image

Xperia XZsはDSEE HXあり。
f:id:midrangestation:20180622062351j:image
そこで4月にAmazonプライム会員になったのを機に、BluetoothイヤホンでAmazon Musicを聴くというスタイルに変えてみました。

イヤホンは普段SoundPEATS Q12を使用していて、価格の割に音質がいいのでQ30 Plusを購入しました。
f:id:midrangestation:20180622183205j:image

外箱と収納バッグ
f:id:midrangestation:20180623111522j:image
f:id:midrangestation:20180623111542j:image

パッケージ内容は、Q30 Plus Bluetoothイヤホン×1、ユーザーガイド×1、ケーブル留めバックル×2、コードクリップ×2、交換用イヤーピース×10、交換用イヤーフック×6、USB充電ケーブル×1、カラビナ×1です。
f:id:midrangestation:20180623111556j:image

充電してペアリングします。

マルチボタンを5秒長押しします。
f:id:midrangestation:20180623112606j:image

Amazon Musicを聴いてみると「低音重視」モデルを謳っているイアホンだけに迫力、質感がたっぷり感じられます。https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ya?ac=bia&ref=yo_pop_mb_bia&reorder_params=B07CKH26R9,503-1205891-4695038

Amazon Music Unlimitedを始めるかどうかは現在悩み中です。

(ストク・モカ

AmazonのクーポンでZenFone5Qを買ってみた。(2018年6月)

Amazonの2778円OFFクーポンを利用してZenFone5Q(ZC600KL)のルージュレッドを購入しました。
f:id:midrangestation:20180525071911j:image

クーポン適用後の価格は39811円でした。

 ZenFone5Qは前面と背面に2つづつ、計4つのクアッドカメラを搭載した6インチミッドレンジスマホです。ZenFone 5Q (ZC600KL) | スマートフォン | ASUS 日本

早速箱を開けてみましょう。
f:id:midrangestation:20180525074421j:image
f:id:midrangestation:20180525074450j:image

ケーブルはType-Cではなく、microUSBなのです。

ZenEarとACアダプタ。
f:id:midrangestation:20180525084132j:image

6型ワイドIPS液晶。ウルトラスリムベゼルを採用することで、5.5インチ画面サイズのスマホと同等のコンパクトボディーを実現。

見やすい18:9の縦長画面。2160×1080フルHD+ディスプレイ。
f:id:midrangestation:20180525074509j:image

カラーはミッドナイトブラック、ルージュレッド、ムーンライトホワイトの3色。
f:id:midrangestation:20180525075048j:image
f:id:midrangestation:20180525090113j:image
前面には2000万画素のメインカメラと120度広角カメラ。
f:id:midrangestation:20180525075236j:image
背面には1600万画素のメインカメラと120度広角カメラ。

その下は指紋認証センサー。

またZenFone5Qは顔認証機能も搭載しているので、カメラに顔を向けるだけで、すぐにロックの解除が行えます。

顔認証を試してみましたが、明るい場所では問題なくそして素早くロック解除ができました。

夜、ベットのライトをつけたくらいの部屋の明るさでは光量が不足しているせいかうまく認証できませんでした。

顔認証と指紋認証を両方登録して使い分けるといいと思います。
f:id:midrangestation:20180525075319j:image
ZenFone5Qのトリプルスロットトレイは2枚のSIMカード(緑と赤の枠線)と、1枚のmicroSDカード(青い枠線)を同時に使用する事ができます。
f:id:midrangestation:20180525080556j:image
f:id:midrangestation:20180525081205j:image

4G LTE BandはB1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/41。

ちなみに、台湾の主なプリペイドSIMの対応バンドは中華電信がB3/7/8。台湾大哥大はB3/28。遠傳電信はB3/7/28/38/41ですので、桃園空港にあるSIM販売カウンターならすべてOKですね。

 (ストク・モカ

LINEモバイルのデータ通信SIMでLINEに新規登録してみた。(2018年5月)

LINEモバイルのLINEフリープラン カウントフリー1GB500円のデータ通信SIMを契約しました。

パンフレットとともに宅急便コンパクトでやってきました。
f:id:midrangestation:20180518173554j:image

マニュアルとSIMカード
f:id:midrangestation:20180518173705j:image
f:id:midrangestation:20180518173745j:image
まずはAPNの設定
f:id:midrangestation:20180518173800j:image

何の問題もなく、接続できたのでLINEアプリの新規登録にトライ。
f:id:midrangestation:20180518173850j:image
「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります。」はスルーして、名前の入力にいきましたよ!
f:id:midrangestation:20180518174007j:image
あとは通常の新規登録通りですね。
f:id:midrangestation:20180518174047j:image
f:id:midrangestation:20180518174523j:image
新規登録で迷ったところは、このデータSIMが2回線目。1回線目は音声通話SIM。同じメールアドレス入れようとしたらダメでした。
f:id:midrangestation:20180518175411j:image
新しいメールアドレス取得したらまたトライしたいと思います。

 

(※2018年5月19日追記)

別のメールアドレスで無事登録できました。

(ストク・モカ)

 

台北のあれやこれやメモ(2018年3月)

1.50嵐開封店
f:id:midrangestation:20180410101434j:image

メニュー

日本語でも書いてあって安心。
f:id:midrangestation:20180410101026j:image

珍珠奶茶 中杯 微糖少冰 NT$40を注文。

作っているトコ。
f:id:midrangestation:20180410101632j:image

f:id:midrangestation:20180410101300j:image
場所:中正區開封街一段9號

宿泊した鉑泊客旅店 POSHPACKER HOTELから歩いて2分くらいでした。
f:id:midrangestation:20180410112527j:image

No. 9, Section 1, Kaifeng St, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 10047 +886 2 2388 5600 https://goo.gl/maps/SGcZBcR1iDD2

2.林華泰茶行
f:id:midrangestation:20180410103342j:image

7時30分前に着いちゃったけど、お店開けてくれました。

店内の様子。
f:id:midrangestation:20180410103559j:image
f:id:midrangestation:20180410111132j:image
f:id:midrangestation:20180410111149j:image

 価格表
f:id:midrangestation:20180410110951j:image
蜜香紅茶 NT$1800を300g購入。
f:id:midrangestation:20180410111308j:image
場所:大同區重慶北路二段193號

MRT中和新蘆線

大橋頭站から徒歩7分くらい。
f:id:midrangestation:20180410112157j:image
No. 193, Section 2, Chongqing North Road, Datong District, Taipei City, 台湾 103 +886 2 2557 3506 https://goo.gl/maps/Pb5z4gZd2rL2

3.北北車魯肉飯
f:id:midrangestation:20180410115027j:image

こちらのお店のメニューも日本語表記がありました。

魯肉飯(大)NT$40を注文。
f:id:midrangestation:20180410121009j:image
場所:中正區公園路20巷21號

鉑泊客旅店 POSHPACKER HOTELから歩いて6分ぐらいでした。
f:id:midrangestation:20180410121114j:image

No. 21, Lane 20, Gongyuan Road, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100 +886 970 316 948 https://goo.gl/maps/uFpBe9ymujQ2

(ストク・モカ)

桃園MRTの直達車でワイヤレス充電を試してみた。(2018年3月)

先日台湾を訪れた際に乗車した桃園MRT機場線直達車の座席にワイヤレス充電器が設置されていたので、充電してみました。
f:id:midrangestation:20180329090753j:image
Type-C、microUSB、Lightningと3つのコネクタに対応しています。
f:id:midrangestation:20180329091205j:image 

座席横のイラストの通り、スマートフォンをコネクタに差し、指定された場所に置くと充電されます。
f:id:midrangestation:20180329091617j:image

 また桃園MRTのFree Wi-Fiも使ってみました。

まず、Wi-Fiの「TyMetro」を選択します。
f:id:midrangestation:20180329091825j:image

ログイン画面に変わったら「Agree」をタップします。
f:id:midrangestation:20180329092025j:image

しばらくすると画面が切り替わるので、「Click Here to Free Internet 30 minutes」をタップすると完了です。
f:id:midrangestation:20180329092215j:image

桃園捷運のWebサイト(日本語版)

https://www.tymetro.com.tw/tymetro-new/jp/index.php桃園捷運

時刻表や路線図、沿線スポットが掲載されています。

2018年3月時点ではワイヤレス充電やFree Wi-Fiについての案内は載っていないようです。

ワイヤレス充電器が設置されている座席は直達車のドア付近4人掛けの座席でした。

こちらのWebサイトにワイヤレス充電器が設置されている座席の場所、充電方法、Free Wi-Fiの接続方法も掲載してほしいですね。

(ストク・モカ)