読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストク・モカのミドステ―midrange station―

ミッドレンジスマホ・台北・LCCの情報局

6インチファブレット Samsung Galaxy A9 Dual-SIM SM-A9000

EXPANSYSでGalaxy A9を購入してから3か月程経ちましたので、今日は使用してみた感想などを書いておきます。
f:id:midrangestation:20161204082554j:image

 購入時はAndroidバージョンが5.1で、中華フォントだったのですが、6.0.1にバージョンアップされた後はなぜか普通のフォントに戻りました。
f:id:midrangestation:20161204083414j:image
付属品はアダプタ、micro USBケーブル、イアホン。こちらは使っていませんが、アダプタは3月の台北旅行の際に連れて行く予定。

また、Galaxy A9は急速充電対応の4000mAhバッテリーを搭載しています。
f:id:midrangestation:20161204083859j:image

強化ガラスを貼ってますが、ディスプレイ正面からの図。ホームキー(指紋センサー)の右側がバックキー、左側が履歴キー(Recents Key)。
f:id:midrangestation:20161204084103j:image

端末裏面。カメラは13メガピクセル。前面は8メガピクセル

f:id:midrangestation:20161204084751j:image

SIMカードトレイ1。nano-SIMカードとmicro SDカードを収められます。
f:id:midrangestation:20161204085303j:image

SIMカードトレイ2は端末上部にあります。

 

4G LTE Bandは1/3/5/7/8/38/39/40/41。28には非対応ですので、桃園空港では中華電信のプリペイドSIMカードを購入する事になりそうです。

 スクリーンショットは画面の半分以上をスワイプしてキャプチャする「スワイプキャプチャ」に対応しています。


f:id:midrangestation:20161204091314j:image

6インチなのでアマゾンキンドルでの読書は快適(老眼が気になる年齢なのでこれ大事)。

またユーチューブ、ニコ生、スカパーオンデマンドなどの動画もストレスなく視聴できました。

(ストク・モカ)