読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストク・モカのミドステ―midrange station―

ミッドレンジスマホ・台北・LCCの情報局

MVNOからMVNOへMNPしてみた(早口言葉ではない)。

楽天モバイルの最低利用期間が経過したのでLINEモバイルMNPしてみました。

まず楽天モバイルのメンバーズステーションにログインし、MNP予約番号を発行します。
f:id:midrangestation:20170423101343j:image

発行された旨の連絡がメールで来るわけではないので、2日後メンバーズステーションで確認。
f:id:midrangestation:20170423101853j:image

発行されていたので、LINEモバイルの申し込みをします。

MVNOへのMNPで注意する点は

MNP予約番号の有効期限が10日」

必要な所です。

発行されてから実質5日しかありませんので注意が必要です。
f:id:midrangestation:20170423103136j:image
Amazonで購入したエントリーパッケージを利用して申し込みました。
f:id:midrangestation:20170423102648j:image

申込画面は非常に分かりやすい構成になっています。「端末+SIM」か「SIMのみ」か、SIMのサイズ、「新規」か「MNP」かを選択し、手続きを進めていきます。
f:id:midrangestation:20170423103553j:image
f:id:midrangestation:20170423103602j:image
f:id:midrangestation:20170423103613j:image
f:id:midrangestation:20170423103930j:image
本人確認が完了すると申し込みは完了です。

なんと当日の夜にはSIMが発送されました。

2日後…SIMが届きました。
f:id:midrangestation:20170423125322j:image

MNPの切り替えは、マイページで手続きする方法と電話で手続きする方法があります。

マイページから手続きしてみます。
f:id:midrangestation:20170423123956j:image

マイページにログインして、「MNP開通申し込み」ボタンを押せばOKです。
f:id:midrangestation:20170423125602j:image

 APN設定は同封のマニュアルに記載されています。
f:id:midrangestation:20170423124402j:image

「開通には1〜2時間程度お時間をいただきます。」

「音声通話が利用可能になってからデータ通信が利用可能になるまで1〜2時間程度お時間をいただきます。」

と書面にかかれている通り、データ通信が利用可能になるまで4時間ほどかかりました。

下のメールは音声通話が利用可能になった時点で送信されるようです。
f:id:midrangestation:20170423125618j:image

データ通信が利用可能になったら、LINEモバイル公式アカウントから「契約者連携」と「利用者連携」をします。
f:id:midrangestation:20170423130354j:image

以上で手続きは完了です。

迷う事なくMNPの開通ができました。

いろいろなMVNOを試してみましたが、LINEモバイルは「手続きの分かりやすさ」ではトップクラスだと感じました。(ストク・モカ)