ストク・モカのミドステ―midrange station―

ミッドレンジスマホ・台湾の情報局

新千歳空港で中華電信のSIMを買ってみた。(2018年3月)

新千歳空港で中華電信のSIMを販売しているという情報を得たので、早速購入してみました。

場所は国際線ターミナル2Fの「テレコムスクエア」。
モバイルWiFiレンタル | 新千歳空港ターミナルビル

モバイルWi-Fiレンタルの外国人観光客の対応に加え、予約している人優先のため、かなり待たされました。
f:id:midrangestation:20180327092731j:image

中華電信のSIMを購入する際、注意が必要な点は、

1.先に国際線のチェックインカウンターで搭乗手続きを済ませ、航空券を提示する必要がある。

2.支払いはクレジットカードのみ。

本人名義のクレジットカードでないとダメなようです。LINE Payカードで支払おうとしたところ、名義人が「LINE MEMBER」になっているため、支払い不可でした。

販売しているSIMは「5日行動上網計日型」の1種類のみ(桃園空港で販売しているいわゆる「B」のSIM)で価格は1400円です。
f:id:midrangestation:20180327094038j:image

 渡されたパンフレットと説明書
f:id:midrangestation:20180327094555j:image
f:id:midrangestation:20180327094606j:image
f:id:midrangestation:20180327094615j:image
SIMは渡されるだけでセッティングはしてもらえません。
f:id:midrangestation:20180327094853j:image

桃園空港のSIM販売カウンターが営業時間外の深夜に到着する時には便利かもしれません。

ただ価格が若干割高で、その場でセッティングしてもらえないので、SIMの設定に慣れていない方にはややハードルが高いと感じました。

(ストク・モカ